togenkyo

食料や環境にまつわる映画を上映する「食と農の映画祭2016inひろしま」が11月26日(土)から12月2日(金)までの1週間、広島市中区八丁堀の映画館サロンシネマで開催される。

2009年に始まった同映画祭は今回で8回目で、今年のテーマは「いのちを育む大地とともに」。広島初公開の6本を含め全12本を上映する。

映画祭の期間中、会場のロビーでは農家や生産団体などが日替わりでミニ産直市「キネマルシェ」を開催する。連日、トークライブや音楽ライブの時間も設けられている。

上映されるのは『はなちゃんのみそ汁』、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』といった劇映画や、『あまくない砂糖の話』、『カンパイ! 世界が恋する日本酒』といったドキュメンタリー映画など。

1プログラム券は前売り1000円、当日1300円。5枚綴りの回数券が4000円(前売りのみ)、フリーパスが6000円(前売りのみ)。

(写真は『ふたりの桃源郷』から)

食と農の映画祭inひろしま」ウェブサイト


(矢澤利弘)


yasai
ロビーで開催されているミニ産直市