映画マガジンONLINE

映画マガジンONLINE 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

大きな鏡から突然、自分の分身が歩みだしてきたら、1913年の人々はやはり怖かったに違いない。ステラン・リュエ監督の『プラーグの大学生』(1913)は自らの鏡像につきまとわれるプラハの学生バルドゥインを主人公に展開される幻想的な物語だ。ドッペルゲンガーを主題にした作 ...

諦めないで続けること。毛利安孝監督の『おのぼり物語』は、30歳一歩手前の漫画家志望の男の東京での日常生活をゆっくりかつ淡々と描いている。大阪から上京してきた片桐(井上芳雄)。早々、唯一の連載誌だった雑誌が休刊になってしまう。高校のときに同級生だった由美子と ...

切腹が迫る武士が最後に残す歌。リストラされた水切り大好き男をテーマにしたえせドキュメンタリー。バストが異常に大きい女の乳房を頭に乗せると。中村有志を追ったドキュメンタリー。沖田修一ほか監督の『シティボーイズのFilm noir』は4編の短編を集めた作品である。短編 ...

夢の世界は自由である。だからこそ、夢の世界を描くに際しては、クリエーターの全才能が試されることになる。クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』は、他人の夢の中に侵入して、アイデアを抜き取るという仕事師たちを描いている。夢と現現実が交錯する映画は時 ...

カリン・クサマ監督の『ジェニファーズ・ボディ』は一風変わった物語構成の学園ホラーだ。刑務所に収監されているニーディ(アマンダ・セイフライド)。映画は彼女の回想から始まる。親友同士のニーディとジェニファー(ミーガン・フォックス)は無名インディーズバンドのラ ...

老人がかつてのジャズ仲間に再会するために旅をするロードムービー。塩屋俊監督の『ふたたび』は、そんなありがちなテーマに、ハンセン病という題材をからませることによって、重厚感のある人間ドラマに昇華させた作品だ。まず、ジャズというテーマありきなのか、それともハ ...

重厚なドラマなのだが、なぜかとらえどころのない作品だ。リウ・ジエ監督の『透析』は、死刑判決を巡る3人の男を描く。死刑判決を出した裁判長、死刑判決を受けた自動車の窃盗犯、死刑囚に臓器提供を持ちかけた腎臓を患う裕福な男。3人のそれぞれの思惑が巧みに交差する。 ...

↑このページのトップヘ