映画マガジンONLINE

映画マガジンONLINE 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

痛快だけどハートウォーミング。中村義洋脚本・監督の『ちょんまげぷりん』は、現代にタイムスリップしてきた江戸時代の侍とシングルマザー親子のふれあいを描いた快作だ。『ちょんまげぷりん』というタイトルの語感だけで、ゆるい作品だという先入観を持ってしまうと損をす ...

原題は「An Education」。教育には知識を伝えるための勉強と、人生勉強がある。ロネ・シェルフィグ監督の『17歳の肖像』は、父親からオックスフォード大学への進学を熱望されている優等生ジェニー(キャリー・マリガン)の人生の1ページを描いた。かなり年上のデイヴィッド ...

可もなく不可もなし。本広克行監督の『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』は、テロリストものの映画として見れば、ごく普通の出来である。だが、テレビドラマ『踊る大捜査線』、そして、2本の映画作品の続編として見れば、ファンの心を捉えきれなかったのではない ...

省略はこうあるべき。ウディ・アレン監督・脚本の『ウディ・アレンの夢と犯罪』は、夢を持っていた兄弟の崩壊を淡々とていねいに描く。アクション映画であれば、最大に見せ場になるであろう殺人や自殺のシーンなどはあえて間接的な表現になっている。それとは逆に、そこへい ...

アンジェリーナ・ジョリー演じるソルトはひたすら男たちを締め上げ、蹴り上げ、的確かつ正確に殺していく。フィリップ・ノイス監督の『ソルト』は、マゾ的な嗜好のある観客なら不思議な快感が得られるかもしれない。彼女は一体何者だ。敵なのか、見方なのか。最後の最後まで ...

愛し合う男女。女に横恋慕する僧侶。男を密かに愛する盲目の女奴隷。マリオ・カゼリーニ監督の『ポンペイ最後の日』(1913)は、1世紀のポンペイを舞台に、男女の愛憎の駆け引きを描いた作品である。実質的な主人公は女奴隷ニディアである。彼女は、好きになってしまった男を ...

遠隔地にいる人物を写し出す鏡。一瞬で若い娘に変身する魔法使い。忽然と出現する幽霊や兵隊たち。マリオ・カゼリーニ監督の『パルシファル(照魔鏡)』(1912)は、当時のトリック撮影をオンパレードのように使った幻想的な歴史劇だ。母親から父の聖槍を授かったパルシファル ...

↑このページのトップヘ