映画マガジンONLINE

映画マガジンONLINE 映像コンテンツの最新ニュースとレビュー

物語の主人公はマイノリティであることが必要だ。 『ミルコのひかり』は二重の意味でのマイノリティを描いている。銃の暴発で視力を失い、盲学校への転校を余儀なくされた少年ミルコ。彼は盲人というマイノリティに属する。 そして盲学校の規律を乱してでも自分の思う通りに ...

アンリ・ラングロワ、そしてマリア・アドリアーナ・プローロ。映画を学ぶ学生であれば、この二人の名前を知らないものはまずいないであろう。言うまでもなく、ラングロアはパリにあるフィルム・ライブラリー、シネマテーク・フランセーズの創設者であり、プローロはイタリア ...

別冊宝島の「ホラー映画の世紀」はコアなファンからは「中途半端だ。ゆるい」との声も聞こえてくるが、ホラー映画の基礎的ガイドとしては持っておいて損ではない1冊である。同書で紹介されている映画から、とりあえず見ておきたい映画をピックアップしてみた。吸血鬼ノスフ ...

ロブ・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン監督の『刑法175条』(1999)は、ナチスによる同性愛者に対する迫害をインタビュー映像を主軸に描いた作品だ。ユダヤ人に対する迫害はよく知られたところだが、刑法によって同性愛者にも刑罰が課せられていたということはあまり ...

10月17日(土)から25日(日)まで開催される第22回東京国際映画祭のコンペティション国際審査委員長にアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が決定した。イニャリトゥ監督は2000年の第13回東京国際映画祭で処女作『アモーレス・ペロス』でグランプリを受賞。長編映画3作品 ...

16日は午後1時から京橋のフィルムセンターで山本薩夫監督の『田園交響楽』を見る。3幕構成は以下の通り。*****序:北海道に住むクリスチャンの小学校長、日野東作は、身寄りのない盲目の少女を引き取り、雪子と名づけて愛情を注いで育てる。最初は獣のように行動した雪子 ...

「有隣」500号(2009年7月10日号)。巻頭の草笛光子さんの記事には映画祭に関連する記述がある。*****昭和二十九年にヴェネツィア映画祭に行くことになりました。英語が必要だろうと思って、教師として進駐軍の黒人の女性を紹介してもらいました。山手の方にあった彼女の住ま ...

ご近所参加型映画祭をキャッチフレーズにする「船堀映画祭」が10月1日から2日にタワーホール船堀(東京都江戸川区)で開催される。 ...

書店店頭に設置されていたシアター情報誌「カンフェティ」9月号を読む。 演劇の情報誌だが、掲載された舞台のチケットを予約して購入することができる。このシステムを使う場合、購入時の手数料が無料で、ポイントが貯まるのが特徴ということだ。 ...

WBvol.17で「旧作異聞18」(斎藤美奈子)を読む。今回は夏目漱石の『坊ちゃん』がテーマだ。 坊っちゃん (新潮文庫)クチコミを見るざっと内容をまとめてみると次のようになる。***** ...

↑このページのトップヘ